What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

洗い流さないトリートメント

お店に行くと、「洗い流さないトリートメント」を見かけることがあるでしょう。髪の毛にトリートメントをつけたままでは、なんだか余計に髪質が悪くなる気もするかもしれません。

 

しかし、洗い流さないことによるトリートメント効果は、侮れないものがあります。では、洗い流さないトリートメントは、なぜ洗い流さなくて良いのでしょうか。

 

トリートメントには、陽イオン界面活性剤というものが含まれています。これは、髪の毛を柔軟にする効果を持ちます。但しこれは、しっかり洗い流す必要があるのです。

洗い流すタイプの物は、この陽イオン界面活性剤がたくさん入っています。しかし洗い流さないトリートメントには、陽イオン界面活性剤というものが少ないのです。

 

但しこの陽イオン界面活性剤は、皮膚に刺激を与える場合もあります。肌が弱い人は、洗い流さないトリートメントの方が良い場合もあります。髪の毛のダメージが強い時には、洗い流すタイプの物と洗い流さないタイプの物を併用するのが良いでしょう。

 

洗い流さないトリートメントは、髪の毛を乾かしてから使います。但し、この「乾かしてから」には2種類あるので、注意が必要です。

1つは「タオルドライした後」、もう1つは「ドライヤーで完全に乾かした後」に使うタイプです。商品によって異なるので、説明書きを見ておきましょう。