What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

リンスとトリートメントの違いは

「リンスとトリートメントの違いは、なんですか?」

そう聞かれて、すぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。

 

まずリンスは、髪の外側を保護するものです。つまり、キューティクルの部分を補うという役割を持っています。リンスを毎日つけているからといって、髪の毛は健康というわけではありません。「リンス」という言葉には「濯ぐ」という意味があり、使うと髪の見た目が良くなります。

 

それに対しトリートメントは、つけた後に少し時間を置かないと、効果がありません。それはトリートメントが、髪の内部に浸透させないといけないからです。

トリートメントは、キューティクルの隙間からその有効成分を中まで送りこむ必要があります。

 

そんなトリートメントには、幾つかの種類があります。

 

まず油分がたっぷり配合してあり、値段が安いものです。こちらは、リンスとの兼用タイプになります。リンスと兼用なので、つけてすぐに流すことができます。

 

次に、髪の毛全体を保護してくれて、ツヤも出るものがあります。手触りも、非常に滑らかになりまるでしょう。これは、ヘアマニキュアの効果を持つタイプになります。

 

最後に、髪の毛に栄養補給をしてくれる、値段的に高い物があります。これは、プロの美容師が使用するものです。

 

どれが良いのかは、髪の毛の状態や予算によって変わってくるでしょう。